WBC・事件 その他

WBC、プロ野球合併問題、事件などその他の情報です




[PR]



2007年03月30日(Fri)▲ページの先頭へ
プロ野球ドラフト 希望枠を今秋から廃止

プロ野球の根来泰周コミッショナー代行は28日、今秋ドラフトから希望入団枠を廃止することを発表した。
今年、西武が早稲田大野球部員に裏金を渡していた事実が発覚したことなどを契機に、日本野球連盟、日本高校野球連盟などアマ側は不正なスカウト活動の温床になるとして、希望枠の廃止を求めていた。プロ野球側は21日の代表者会議では2008年からの廃止を決定したものの、今年からの廃止を求めるアマ団体やプロ野球選手会が強く反発していた。



2006年05月06日(Sat)▲ページの先頭へ
【訃報】上本孝一 セ・リーグ審判員

プロ野球セ・リーグ審判員の、上本孝一氏が5日午前11時40分、心筋梗塞(こうそく)のため、埼玉県朝霞市の自宅で急死した。43歳だった。
亡くなる前日4日のデーゲーム中日対横浜戦(ナゴヤドーム)で一塁塁審を務めた後、自宅に戻っていたが、就寝中に死亡した。
上本審判は、捕手として京都・西舞鶴高から82年、ドラフト5位で広島入り。84年に退団後、85年からセ・リーグ審判員として1412試合に出場した。

関連サイト
虎の事件簿 - 星野仙一&田淵幸一 アベック退場
2005年5月2日 阪神−広島 「町田 幻のホームラン」



2006年03月02日(Thu)▲ページの先頭へ
大阪ドーム → 京セラドーム

京セラは2日、プロ野球パ・リーグのオリックス・バファローズの本拠地である大阪ドームの命名権を取得すると発表した。4月1日から「京セラドーム」の名称になる。
契約額は明らかになっていないが、大阪ドームを所有・運営する大阪市の第三セクター、大阪シティドームと2011年3月まで5年間の契約で合意した。



2006年01月25日(Wed)▲ページの先頭へ
スピードアップに向けた時間制限を設定

25日、プロ野球の12球団監督会議が行われ、公式戦のスピードアップのため、攻守交代の場合は2分15秒以内、投手交代のケースは2分45秒以内とする具体的な時間制限を設けることを了承した。
なお、ブルペンの設置場所など球場の構造によって差が生じる可能性があるため、7月の12球団監督会議で運用実績を確認し再検討する。



プロ野球レンタル制度 今季から導入も

プロ野球の国内レンタル(期限付き)移籍制度に関して、楽天が取りまとめた案の骨子が24日、明らかになった。
その内容は下記の通り。

  • レンタルで獲得可能な選手は各球団2人まで
  • 移籍可能期間は通常のトレード期間よりも1カ月遅い7月31日
  • レンタル期間は原則1年(ただしシーズン終了後の前所属球団との話し合い次第では延長、完全移籍が可能)
  • 入団7年未満の高卒選手、同5年未満の大学・社会人選手、同3年未満の外国人選手はレンタル対象外

国内レンタル移籍制度を議論した16日の選手関係、国際関係合同委員会では、各球団から楽天(案)に前向きな意見が出ていたとのこと。今日25日に行われるプロ野球実行委員会の中で査定方法、故障者の取り扱いなど細目が決まれば、今季から導入される可能性もある。

とはいっても、例えば、巨人・高橋由選手がヤクルトにレンタル移籍したとして、巨人−ヤクルトの試合で、巨人ファンはヤクルトに所属する高橋由選手を応援するのでしょうか??



2006年01月22日(Sun)▲ページの先頭へ
仰木彬 お別れの会

昨年12月にお亡くなりになられた仰木彬さんを偲ぶ「仰木彬 お別れの会」が21日、スカイマークスタジアムで行われ、岡田彰布監督、清原和博選手、中村紀洋選手、野茂英雄投手、田口壮選手、石井浩郎氏、加藤哲郎氏、中根仁氏らが出席した。

関連記事
【訃報】仰木彬さん(前オリックス監督)死去



2006年01月21日(Sat)▲ページの先頭へ
WBC、キューバ出場へ

野球の世界一を決定するWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に、キューバが参加できる見通しとなった。
当初、アメリカがキューバへの経済制裁に関連し、参加させない意向を示していたが、アメリカ財務省が20日、キューバ参加の許可を出した。
なお、この問題に対し、国際野球連盟はキューバ不参加の場合はWBCの公認を取り消すとの考えを示していた。

しかし、これでキューバがあっさり出場するのも、なんだかなぁ・・・。アメリカが仕切っているのが気に食わないから、参加拒絶したりして。



2006年01月13日(Fri)▲ページの先頭へ
ヤクルト・宮本、WBCの日本代表入り

プロ野球コミッショナー事務局は、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の日本代表を辞退したホワイトソックス・井口資仁内野手の代わりに、東京ヤクルトスワローズ・宮本慎也内野手を選んだことを発表した。
当初、井口選手の代理として、中日ドラゴンズ・荒木雅博内野手に出場を打診していたが、荒木選手が辞退を申し出たことから、宮本選手に白羽の矢が立った。



2006年01月10日(Tue)▲ページの先頭へ
横浜・多村、WBC辞退の可能性示唆

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の日本代表に選出されている横浜・多村仁外野手が、WBC出場辞退の可能性があることを示唆した。
多村選手は9日、横須賀での自主トレ後に「WBCですか? ここにきてみんな辞退しているし、球団のこともある。出るかどうか、分からない」とコメント。ここのところ、ヤンキース・松井秀喜外野手、ホワイトソックス・井口資仁内野手が出場を辞退。レンジャーズ・大塚晶則投手も出場辞退の可能性が高くなっていることが、多少なりとも影響している模様。
王さん、また困ったねぇ。

関連リンク
大塚、WBC辞退へ
井口、WBC辞退



2006年01月08日(Sun)▲ページの先頭へ
大塚、WBC辞退へ

米大リーグ・レンジャーズの大塚晶則投手が、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の出場辞退が濃厚であることが明らかになった。
大塚投手は抑え候補として期待されていたが、昨年12月にパドレスからレンジャーズに移籍したこともあり、開幕メジャーを迎えるには春季キャンプでのアピールが必要になる。
野球の世界一を争うWBCとは言え、今回がまだ第1回大会ということもあり、大会の意義、価値を理解してもらうには、まだまだ時間がかかりそうだ。

関連リンク
井口資仁選手、WBC出場辞退



2006年01月07日(Sat)▲ページの先頭へ
井口、WBC辞退

ホワイトソックス・井口資仁内野手は、3月に開催されるWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)出場を辞退する考えを明らかにした。
井口選手は「2年目は、1年目以上のものを求められる。そのためにはチームのキャンプでアピールしないといけない」とコメントしており、レギュラーを確約されていない井口選手にとっては、やむをえない選択と言える。



2006年01月02日(Mon)▲ページの先頭へ
【訃報】近藤貞雄さん逝去

1982年に中日の監督を務め、リーグ優勝を果たした近藤貞雄さんが、2日午前9時22分、都内の病院で呼吸不全のため亡くなった。
近藤貞雄さんは法大を中退し、1943年に西鉄に入団。その後、巨人に移籍。投手として通算55勝71敗の成績を残した。1981年に中日の監督に就任し、翌年リーグ優勝した。
胴上げされている時に、グラウンドに乱入したファンに帽子を奪われたことが、私の記憶に強く残っている。(笑)



2005年12月16日(Fri)▲ページの先頭へ
【訃報】仰木彬さん(前オリックス監督)死去

近鉄、オリックスで監督を務め、3度のリーグ優勝、1度の日本一に導き、今季もオリックスバファローズの監督を務めた仰木彬さんが15日午後4時10分、呼吸不全のため福岡市内の病院で死去した。
仰木さんは体調不良で今季限りでオリックス監督を辞任し、同球団のシニア・アドバイザーに就任したが、肺癌(がん)を患い、退任後は入退院を繰り返していた。
仰木さんは1935年(昭和10)年4月29日、福岡県中間市生まれ。東筑高から投手として1954年(昭和29)年、西鉄(現西武)に入団。1967(昭和42)年に現役を引退し、1988(昭和63)年に近鉄で初めて監督を務めた。通算14年に及ぶ監督時代に、野茂英雄、イチローといった名選手を多数育て、独特の采配は「仰木マジック」と呼ばれた。
監督通算成績は988勝815敗53分(歴代12位)、2004年(平成16)年に殿堂入りを果たした。
葬儀は本人と家族の意向で、家族、親族のみの密葬で行われる。



2005年12月01日(Thu)▲ページの先頭へ
元阪神・加藤、特定商取引法違反の疑いで逮捕

元阪神タイガース投手・加藤隆行は、強引に装飾品の売買契約を結ばせたとして、特定商取引法違反の疑いで逮捕された。
加藤容疑者は、貴金属販売店に勤めていた6月29日、「モデルになって広告に出てくれないか」と京都府福知山市の飲食店に被害者の女性を呼び出し、「そんな話だと思いませんでしたでは済まされない。おれらが裁判に負けるはずがない」などと言い、ネックレス(50万円相当)の売買契約を強要した疑いがかけられている。
どうして、こうなっちゃうのかなぁ・・・。

参考:トラライフ - 阪神タイガース選手名鑑 加藤隆行



2005年11月09日(Wed)▲ページの先頭へ
三井ゴールデングラブ賞

三井ゴールデングラブ賞受賞者が8日発表された。パ・リーグでは内野陣をロッテが独占。セ・リーグでは優勝した阪神から3人が選ばれた。巨人は1人も選ばれず。
受賞者は下記の通り。


パ・リーグ

投手:松坂大輔(西武)
捕手:城島健司(ソフトバンク)
一塁手:福浦和也(ロッテ)
二塁手:西岡剛(ロッテ)
三塁手:今江敏晃(ロッテ)
遊撃手:小坂誠(ロッテ)
外野手:SHINJO(日本ハム)、サブロー(ロッテ)、大村直之(ソフトバンク)


セ・リーグ

投手:黒田博樹(広島)
捕手:矢野輝弘(阪神)
一塁手:シーツ(阪神)
二塁手:荒木雅博(中日)
三塁手:岩村明憲(ヤクルト)
遊撃手:井端弘和(中日)
外野手:福留孝介(中日)、赤星憲広(阪神)、金城龍彦(横浜)



2005年10月20日(Thu)▲ページの先頭へ
タイガース株式上場&楽天の球団株式二重保有 問題

10月21日、プロ野球実行委員会が行われる。これは11月4日のオーナー会議を睨んでのものだ。
大きな議題としては二点。一点目の議題は「阪神タイガースの株式上場」である。元通産官僚の村上世彰(よしあき)氏が率いる投資ファンド(通称:村上ファンド)が、阪神電鉄の株式を大量取得し、プロ野球球団の阪神タイガース株式上場を提案した。しかし、阪神側は球団の株式公開は考えていないとの意向を村上氏に伝えており、村上ファンド側も上場にこだわらない姿勢を見せ始めている。
二点目の議題は「楽天の球団株式の二重保有」である。東北楽天ゴールデンイーグルスを所有する楽天は、TBSの発行済み株式の15.46%を取得して筆頭株主になった。この結果、TBSが横浜ベイスターズを所有していることから、楽天の球団株式二重保有問題が浮上した。また、TBS株の7.45%を保有している村上ファンドは、TBSに対して横浜ベイスターズの球団株式の売却提案をしている。
横浜ベイスターズの売却か、楽天イーグルスの売却か、それとも両球団の合併話が持ち上がるのか。

今年のオフもプロ野球再編問題が話題を独占しそうだ。



2005年07月25日(Mon)▲ページの先頭へ
オールスターゲーム 視聴率 関東は過去最低

7月22日、23日に開催されたサンヨーオールスターゲームの視聴率が、ビデオリサーチ社から発表され、関東地区でそれぞれ11・9%、10・3%、関西地区ではそれぞれ20・6%と21・9%だった。
関東地区の視聴率は、ビデオリサーチ社が発表を始めた1994年以降では最低だった。

今回のオールスターゲームは、チームの好調を反映して阪神タイガースから8選手(赤星憲広今岡誠金本知憲矢野輝弘藤本敦士鳥谷敬下柳剛藤川球児)が出場したこともあり、関西地区の視聴率が高かったと思われる。

阪神が元気なら関西は元気だが、結局はプロ野球の視聴率は巨人戦の視聴率を中心に報じられており、「巨人戦の視聴率が低い=プロ野球人気が低下している」と捉えられてしまうので、巨人にはもっと頑張ってほしいし、テレビ局各社(特に日本テレビ)には視聴者に楽しいと思ってもらうような試合中継をするための、より一層の努力をしてほしい。
プロ野球の1ファンからの願いです。



2005年07月13日(Wed)▲ページの先頭へ
元大洋・山根、売春防止法違反の疑いで逮捕

警視庁保安課は13日、プロ野球の元大洋ホエールズ(現横浜ベイスターズ)の捕手・山根善伸容疑者ら9人を売春防止法違反(困惑売春など)の疑いで逮捕したと発表した。
調べによると、山根容疑者らは山根容疑者が経営する個室マッサージ店などで働いていた山梨県内の女性に借金返済を強く迫り、昨年12月中旬、東京都台東区千束のソープランドで働かせて売春させた疑いがあるとのこと。
山根容疑者は1991年ドラフト7位で大洋に入団。一軍通算成績は7年間で33試合に出場し、22打数7安打1本塁打だった。
それにしても、元プロ野球選手の事件が最近多いですね・・・。


関連リンク
元巨人・松岡が強盗容疑で逮捕
強盗殺人で元ロッテ小川投手逮捕



2005年05月17日(Tue)▲ページの先頭へ
元巨人・松岡が強盗容疑で逮捕

今年に入り、奈良県内では相次いでタクシー強盗事件が発生していたが、17日、奈良県警は元巨人の選手である松岡正樹容疑者(32)ら3人を強盗容疑で逮捕した。
松岡容疑者は京都・平安高校出身の捕手で、1991年ドラフト3位で巨人から指名を受けて入団したが、1軍出場機会が無いまま現役を引退した。

元プロ野球選手の事件 その他の記事
強盗殺人で元ロッテ小川投手逮捕



2005年01月25日(Tue)▲ページの先頭へ
交流試合ルールを公式戦でも適用へ

今季導入された交流試合に関するルールを公式戦でも適用することが、24日行なわれたセ・リーグ理事会で決定した。
セ、パ両リーグ間で調整済みのグラウンド上の統一ルールが、セ・リーグの運用とほぼ変わらないことから、意見がまとまった。
なお、指名打者など、試合運営面も含めた全体の統一ルールは、今日25日の実行委員会、27日の12球団監督会議を経て正式決定する。



2004年12月22日(Wed)▲ページの先頭へ
強盗殺人で元ロッテ小川投手逮捕
21日、埼玉県上尾市の会社員西内和子さんが殺害され遺体で見つかった事件で、上尾署捜査本部は、強盗殺人の疑いで元ロッテ投手の小川博容疑者を逮捕した。

小川容疑者は西内さんが勤務していた産業廃棄物処理会社の元同僚。
「ヤミ金融などの借金約80万円の返済が迫っていたのでやった」と供述しているという。

小川投手は1988年にはオールスターに出場していて、奪三振王のタイトルを獲ったことのある投手なんですよ・・・。
なぜこんなことに。



2004年12月14日(Tue)▲ページの先頭へ
パ・リーグは来年もプレーオフ方式
本日14日に行なわれたパ・リーグは理事会を開き、来季のプレーオフは今季と同じ方式で実施することを決定した。
個人的に、プレーオフ自体は面白かったので、いいのですが、今年みたいにペナントレースは1位だったダイエーが負けちゃうのは、どうかなぁ・・・。
と、うだうだ文句言っても仕方ないですな。



2004年11月11日(Thu)▲ページの先頭へ
孫正義とナベツネ
ダイエー買収で来季プロ野球参入を目指す孫正義とナベツネが極秘会談していたらしい。デイリースポーツが報じている。
会談では、ダイエー買収に関する支援や理解を求めたと思うが、さすが孫さんだね。おさえるところは、ちゃんとおさえているし、行動が早い。
ところで、買収の場合は審査は無いんですか? この前の楽天とライブドアの審査は何だったんですか?
球団買収でも、その企業は「新規参入」扱いにならないんですか?



2004年11月05日(Fri)▲ページの先頭へ
野球ワールドカップ、2006年に開催
野球ワールドカップ、2006年に開催することが明らかになった。5日に行われた日米韓3カ国のプロ野球首脳会談で基本合意したとのこと。
ワールドカップという看板をかかげる以上、欧州諸国も参加するような大きな大会にしていってもらいたいですね。



2004年11月02日(Tue)▲ページの先頭へ
楽天球団誕生
楽天球団誕生。プロ野球の新規加盟問題を協議する実行委員会が行なわれ、下馬評通り楽天(社長:三木谷浩史)に新規参入が認められた。
新しいプロ野球球団が誕生するのは50年ぶり。

個人的には、最初に手を挙げたライブドア(社長:堀江貴文)を応援していただけに残念な結果。
ところで、一旦は「東北楽天ゴールデンイーグルス」という球団名を発表したものの、その後「イーグルズ」をライブドアが商標登録を申請していたことが判明。
球団名が決まらないことには、プロモーション活動などがし難いだろうね。


新球団が誕生したから、このブログのカテゴリも少々修正しないと。



2004年10月29日(Fri)▲ページの先頭へ
スカパー!もプロ野球新規参入?
スカパー!もプロ野球新規参入? スカパー!の重松社長は定例会見で、「われわれが持ってもいい」とプロ野球新規参入の可能性を示唆した。
私もスカパー!に加入していますが、民放と違い、試合を最初から最後まで中継してくれるのがいいですね。プロ野球中継に力を入れているだけに、球団持つのはさらに強みを発揮できるかも。



2004年10月26日(Tue)▲ページの先頭へ
仙台ライブドア フェニックス
仙台ライブドア フェニックスが新球団名に決まったことを、来季からのプロ野球新規参入を目指すライブドア(社長:堀江貴文)が発表した。
ライブドアはチーム名を決めるに当たり、いくつかの候補に対し投票してもらう形式をとり、その結果、応募総数1万8268票の中から3390票を獲得した「フェニックス」が1位となった。
なお、楽天が先に発表した「イーグルス」と似た「イーグルズ」は2794票を獲得して2位だった。



2004年10月22日(Fri)▲ページの先頭へ
東北楽天ゴールデンイーグルス
東北楽天ゴールデンイーグルスが新球団名だそうだ。東北6県に生息する天然記念物である勇壮なイヌワシにちなんで名付けたとのこと。
田尾が球団名に「楽天」は入れないでほしいと要望してたけど、まぁ広告効果狙うんだったら外せないわな。
次はユニフォームを考えるのかな? ヴィッセル神戸のようにの胸に「楽天」という文字があると、かなりインパクトがあるけど・・・。



有線ブロードネットワークス、ダイエー買収を検討
有線ブロードネットワークスがダイエー買収を検討していることが明らかになった。
ブロードバンド事業や有線放送事業でのキラーコンテンツとして確保する狙いの模様。
宇野さんも名乗り出たか。しかし、そんなお金あったっけなぁ・・・。



2004年10月20日(Wed)▲ページの先頭へ
楽天ヘッドに山下大輔
楽天のヘッドコーチに、今季限りで横浜ベイスターズの監督を退任した山下大輔氏の就任することが確実となった。
マーティ・キーナートGMが直接山下氏に会って要請したそうです。
横浜ベイスターズは3年連続最下位でしたが、森監督から山下監督に代わったことにより、チームは明るくなりました。新球団でもきっと山下氏がいることで明るいチームになるのではないでしょうか。
しかし、山下ヘッドって聞くと、どうしても山下さんのスキンヘッドを連想してしまうのは、私だけではないはず・・・。



1 2 3 4 5 6 7 8    全237件







カレンダ
2017年6月
       
22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ
2004年 (464)
5月 (31)
6月 (177)
7月 (91)
8月 (46)
9月 (29)
10月 (45)
11月 (25)
12月 (20)
2005年 (82)
1月 (5)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (3)
5月 (1)
6月 (14)
7月 (4)
8月 (8)
10月 (7)
11月 (26)
12月 (12)
2006年 (41)
1月 (28)
2月 (4)
3月 (1)
4月 (4)
5月 (1)
6月 (3)
2007年 (2)
3月 (1)
5月 (1)

アクセスカウンタ
今日:100
昨日:67
累計:1,258,594